しんどい

被害者意識の塊で愚痴しかない不快なブログです

サブカル女の性

こんばんは。

 

この間彼氏とデートでカラオケに行ってきたんですが、クソサブカル女&カラオケなんて気心知れた友達としか行かない私は失態を犯しました。

 

今流行りの曲というのは全く分からず、世代でもないのにイカ天出演バンドやナゴムを好んで聴いているが故に、デートだと言うのにゴリゴリのハードロック(歌詞が土着的でやばい)を選曲するという暴挙に出てしまいました。

 

だってちゃんと歌える曲っていつも聴いてるのしかないじゃん。(クズ特有の言い訳)

 

彼氏はメインカルチャー男子(?)なので引いてました。内心、(こんな歌知ってるアタシ♡アピールかよ…)って思っていただろうと思います。

 

これから私の趣味嗜好を知れば知るほど別れたくなるだろうなと悲観的になっちゃいました。

 

けれど、だからと言って趣味を変えたり流行りの曲を聴いて覚えたりというような事は絶対に致しません。サブカル女としてのプライドがあるからな!ハハッ!

 

人と違う事をしてる自分に酔ってる〜なんてよくサブカル女を分析する時に言いますが全くその通りなんですよ。

 

実際気持ち良くないですか?自己陶酔。

 

で、サブカルを通ったおじさんおばさんから「君若いのによくそんなこと知ってるね!」とか「なかなかいい趣味してる」なんて言われちゃうともーう気持ち良くなっちゃって昇天しそうになりますね。

 

まあオナニーみたいなもんですよ。

 

唯一の生き甲斐がコレなので、万が一彼氏に趣味を変えろと言われたとしたら別れます。

 

めんどくさい女だというのは分かっちゃいるけど辞められない!(植木等